薬剤師のHIMIKOに一言言わせてよ

user-pic
0
CRO転職活動

巷の求人情報館などで目にするであろう人気のドラッグストアの求人募集のこと。
自分自身で納得できる場所が多いので、その資格の取得を立派にも検討している方も多いと言われていますが、やっぱり気になる平均年収は500万円を超えているのでしょう。
普通の薬局では1年の所得は5,000,000円だとデータがあります。
一般的な1ヵ月の総所得は300,000円程度ですが、その他にも嬉しい賞与がプラスされます!
薬剤師ではなく医者になるのは非常にまれであると信じられているように、化学反応の構成やヒューマンの人体の構成について頑張って知識を深めるという事はそうとうの勉強が必要条件となってしまいます。
それプラス、かなりの金銭的負担も負わなくてはいけません。
よくあることとして、求人の絶対量のビックリするほどの多さから薬剤師さんを頭に置く人も相当数にのぼっているようですが、頑張って都市部での薬剤師さんになった人は薬剤学校の高い学費を思い起こすとそんなには割の良い年収だとは考えられないらしいですし、実際にそうかもしれません。
医師系の大学や私立の大学の薬剤学科などをちゃんと卒業したうえに難しい国家試験にちゃんと受からなくてはいけないきまりとなっているから、数年におよぶ長い時間をお勉強に捧げなければならない事になっています。
ただ、女性の方が活躍しやすいという背景もあるため、注目を集めている求人情報でもあります。
薬剤師の試験に見事合格して人気の国家資格を保持する事になってしまえば、ノマドとしての生活ののちに現場に復帰すると考えているのであればつよい味方になるのではないかな。
頭脳を使ってさせる調剤業務内容ではありますが、80%以上は力のいらない仕事となっているので、より力がある男子の方が有意性を保てるという業務内容では無いということです。
都市部の薬局に悩むことは無いので、北海道から沖縄までの薬局でそうとうな需要があるのです。
それらの比べてみると、より一層気になるお給料が高額になる傾向になっているのは一部上場の製薬会社ではないでしょうか。
しかし薬局と比べて求人数があまり数がないので、普通のケースでは薬剤師資格を持つ方々して労働する人々の大部分は病院併設型の調剤薬局や大手チェーンのドラッグストアが大部分となっているのです。

このブログ記事について

このページは、れいかが2012年5月 8日 12:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とてもいいスタートだったかな?」です。

次のブログ記事は「サンドラッグ/求人は東京でも求人あるんかいな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク

  • Google
  • 保健師の皆さんが求人を探すならばこのサイトを見れば最新の求人事情からベーシックな保健師周りの情報がわかります。
  • 薬剤師必見の最新の薬剤師年収情報は◎です。是非左記のサイトを使って薬剤師の年収について調べてみてください。
  • 東京で病院薬剤師になりたいならここのコンテンツが参考になります。